半永久染毛料染毛剤

今日は何が何でも髪を守り抜くと。

これに対して製黙っているのは、お尻を撫でられた女性が黙っていて一言も言わないのと同じことでしょう。「スキンヘッドを撫でられたら間髪をいれずに相手を殴るべきである」と私は自分に言い聞かせました。どちらかといえば私は気が長く、腹の立つタイミングが人様より30秒ほど遅いので、「間髪をいれずに相手を殴る」というのは最も苦手とするところです。しかし、ことは男の面子にかかわることなので、イザというときにはやはり態度を
はっきりさせる必要がありましょう。このようなことを書いていると、この時期の私はすっかりスキンヘッドにすることを決心していたように思われるかもしれませんが、本当のところはかなり迷いがありました。スキンヘッドにするということはいかにも男らしいし、あの気の狂いそうな頭の癖さともおさらばできます。しかし、しかしです。実際にスキンヘツドにするということは、カツラをとることも含めて随分抵抗があるのも事実でした。妻はとにかく剃れ、剃れと毎日のように言います。なんという新妻でしょう!私はいずれ将来的にはスキンヘッドにするつもりにはなりましたが、それは2、3年先のことだろうな、と漠然と考えていました。

さて、脳外科では当然のことですが頭の手術をします。このときには手術前に全刺毛といって、患者さんの頭をすっかり剃ってしまうわけです。髪の毛があると、消毒したり皮膚を切ったりするのが難しくなりますが、何といっても手術しているときに髪の毛が脳の上に落ちたり、中に入ってしまったら大変なことになるからです。しかし、特に若い女性の患者さんの中には髪の毛を切ることに抵抗のある人が随分沢山いるようです。我々の感覚からすれば、髪の毛を切っても命の危険もなければ痛くもないわけで、手術そのものに比べればずっと気楽に済ませることができるのではないか、と思うのですがそうもいかないのが現実のようです。「先生は女性の心がわからないのよ、私は手術よりも髪の毛を切ることの方が嫌よ!」と言ったのは20歳を過ぎたばかりの学生さんでした。彼女は髪の毛を腰のあたりまで伸ばしていましたが、いざ病院内にある散髪屋に行って制毛するというときには相当抵抗しました。「そんなに私を丸坊主にしたいのだったら、先生も剃ったらどうなの。そうしたら患者さんの気持ちがわかるわよ」と言われたときにはよっぽど、「よっしゃ、ええチャンスやからこの際、思いきってスキンヘッドにしてしまおうか」と思わないでもありませんでした。患者のためという大義名分のもとに一気にスキンへッドにしてしまえば、私の過去を疑うものは誰もいないはずです。もう一歩のところでスキンヘッドにするのを踏みとどまったのは何も大した理由があるわけでもありません。そのときにはすでに土曜日の夕方になっており、早く家に帰って休みたかったからでした。

使う毛髪を選んだ


カツラや植毛など

「悪いな、ワシもう帰るから君1人で行っておいで。そのうちにワシかて丸坊主にするさかい」と言って私は病院を出たのでした。スキンヘッドにしようかどうしようか、と悩んでいることはそう誰にでも相談できることではありません。そんなわけで私が相談したのは事もあろうにアスペン·ヘアーの中原さんでした。「先生、今さら何言うてるんですか。スキンヘッドやなんて正気の沙汰やないですよ!そんなこと言わんと、新しいのを1個あつらえはったらどうですか。今使っている製品は大分いたんできてますから、また新しいのが必要になりますよ。今度の新製品は前に比べるとずっと具合がいいですよ」という彼に乗せられて私はスキンヘッドにするどころか新しい製品を1つ注文してしまったのでした。またまたン十万円の出費です。新しい製品ができるまでには数週間かかりますが、この期間は少しうきうきした気分になる反面、大金が出ていくのが辛くもありました。
11 むしり取られたカツラちょうどゴールデンウィークになり、私は病院を休んで四国の妻の親戚の家に遊びに行きました。妻の母方の親戚はこの地で由緒正しい旅館を代々やってきたのですが、それを継いでいるのが叔母でありました。旅館の名前を「錦水」叔母は皆に「錦水さん」といわれていました。私たちはこの旅館に泊まって自転車に二人乗りして今治といい、城に行ったり、映画を見に行ったり、キャッチボールをしたりして過ごしました。そうやって普段できないことをして過ごしましたが、その間も妻は毎日のように「今しかない。今こそ剃ってしまうチャンスよ」と私を説き伏せようとしていました。そのうちにふと「いっそ坊主にしてしまおうか」という考えが頭をかすめました。念のため錦水さんに聞いてみると「折角、髪の毛があって若々しいし、本人はそれでちゃんとやっているのだから、無理に剃ることはないじゃないの」という、ごく普通のレスポンスでした。この2人の間に挟まれた私は「剃る剃らないは別にして、とりあえず開いている散髪屋の場所だけ確認してみよう」というまことに中途半端な決定をしました。しかしゴールデン ·ウィークのこととて営業している散髪屋さんは皆無でした。ちょっと足を伸ばして結婚式場にもなっているホテルに行ってみましたが、美容院はあれども散髪屋はありませんでした。「せっかく決心したのに残念だなあ」と私は半ば嬉しいぐらいでした。

の発毛·育毛剤の使い方髪が完全に乾き

しかしこれを聞いた錦水さんは、幼な馴染みの近所の散髪屋に電話をかけて、「ちょっと一郎ちゃん、うちの甥っ子が頭をすっかり剃ってしまうけん、店を開けてちょうだい」と閉まっている店を無理やり開けさせてしまったのです。どうやら私の頭は、これを全部剃るという方向ですっかり皆の話が決まってしまいました。私は座布団をくくりつけた自転車の荷台に再び妻を乗せて、散髪屋に行きました。「実は私、今までカツラをしていたんですが、この際とってしまって坊主にしようと思うんですわ」と、散髪屋のオッサンに告白すると、オッサンは「へっ全部剃ってしまうんですか?」といって今さらながら驚いてしまいました。「このカツラは後ろの方で髪の毛にくくりつけて止めてあるんですけどね、まずこれを切ってはずしてほしいんです」「ようできてるカツラですなあ」というわけで、結婚以来、というより知り合って以来初めて真実の頭を妻にさらすことになりました。オッサンの方はいつまでも驚いていて「ほんまにこれ全部剃ってしまっていいんですな?」とやっています。初めて私のカッパ頭を見た妻はいっきに5歳ぐらい老け込んだような私の風貌を目のあたりにして、一瞬これは失敗か?と思ったそうです。私としては
ハゲている頭を見られる方が坊主頭よりも数段恥ずかしかったので「何でもええから、はよ剃ってくれ!」という心境でした。ウィーンというバリカンの振動が頭の皮膚に響きながら、残り少ない髪の毛がバサッ、バサッという風に床に落ちていきます。


右側の方が薄いですね

薄毛を克服できるかどう

そしてついにはすっかり坊主に、というよりスキンヘッドになってしまいました。外したカツラは用がなくなったとはいえ、一応袋に入れて持って帰ることにしました。再び自転車の荷台に妻を乗せ、すっかり涼しくなった頭で錦水旅館に向かってペダルを漕ぎました。やはり一歩外に出ると周囲の人の目が気になります。道を歩いている人が全員こちらを注目しているような気がするので全速力で町を走り抜けました。旅館に帰りつくと叔母がヒノキの風呂をわかして待っていてくれました。昼風呂に入って細かい髪の毛や長年にわたってたまった頭皮の垢を落とします。途中で妻が風呂を覗きに来ましたが、彼女は後々まで「あのとき浴槽にゆらゆらと浮かんでいた白い坊主頭が忘れられないわ」風呂から出た私は旅館の玄関の前で妻と叔母とともに記念写真を撮りました。今でこそ顔の皮膚の色と頭の皮膚の色が一致していますが、このときの写と言ったものでした。真では随分と生っ白い頭で、しかも恥ずかしそうな表情です。しかし妻の方は「やっぱり私の思っていた通り、頭の形がいいので坊主が似合うわあ」と御満悦でした。その夜、私は錦水旅館でひんやりした枕を後頭部に感じながら「とうとう本当にやってしもた」という感慨とともに眠りについたのでした。

薄毛について


かえって薄さを際立たせてしまうのは間違いないです。

さてスキンヘッドの頭で外に出ていきますと、四国の田舎町のこととて単に歩いているだけで周囲の人を随分驚かせてしまったようでした。ただでさえ身長180センチ以上ある大男の上に、スキンヘッドの頭が乗っているとなると田舎の人々には刺激が強すぎるようでした。どうも周りから人がいなくなるように思ったのは気のせいだったのでしょうか。一方、妻の方は「頭を坊主にしたからには、それに似合うメガネをあつらえなくっちゃ」と妙に張り切っていました。周囲に知り合いのいない田舎で坊主頭で過ごすのはしばらくすると慣れてしまいました。問題はいかにして大阪に復帰するかということです。どういう顔をして職場に出勤するのか、周囲の人々にどうやって言い訳をするのか、というのが私にとっての最大の課題でありました。否応なく時間はたち、ついにスキンヘッド後の初出勤の日がやってきました。
12 新たな出発人生の一大記念日であったはずのこの日のことは、妙なことにかなりの部分の記憶が欠落しています。この頃の私は自転車で大学附属病院まで出勤していたので、いつものように家を出て、白転車置場にとめたはずです。そこから病院の玄関を通り、エレベーターで9階まで上がり、病棟の1番奥にある研修医室まで行くのがお決まりのコースでした。その間には何人かの看護婦さん、患者さんやその家族、他科の医師などに会ったに違いありません。おそらくは、相手が事態を認識するよりも早くおはようございますと挨拶しながら小走りに研修医室に向かったのではないかと思います。ここまでの記憶があまりないということは、何といってもその先に待ち構えている研修医室の扉こそ私が最も重要視していたものだということを示唆しているのかもしれません。扉の前で私は一瞬止まってしまいましたが、すぐに気をとりなおして「おっはようこございまーす!」と勢いよく、しかもさりげなく入っていきました。私の頭に対する反応は予想したほどにはすぐに返ってきませんでした。

  • 毛穴の皮脂など
  • 生えなくなった髪の毛を再び生やす
  • この洗髪法です

最後の体育祭は全員が一致団結

元の髪に無理な負担がかかってしまう。

彼はよく自分の読んだ小説のストーリーを聞かせてくれましたが、私は、実際の医学の世界はどうなっているのかという舞台裏の話をしてあげました。医療の現場というものは小説に書いてあるほど大げさでないこともあれば、逆に普通の人が想像もしていないようなことも色々とあるのが本当ところです。私の話を聞くと彼はいつも事実は小説より奇なりとはこのことですねえへえー、と感心していました。また彼は仕事のことやら、「人間関係が難しくてすぐに胃が痛くなるけれども、テレクラでストレスを発散している」というような話をしてくれました。実際、彼はフランクな人なので話がはずみましたが、どういうわけか栄転することもなく、ずっと私の担当をしていてくれました。さて私のように長い間カツラをつけていると、カツラに対する眼力が養われてきます。つまり人様のカツラを見破るという、どうでもいいことが上手になってくるのです。あまり気をつけて見ていなくても、世の中には結構カツラをしている人が多いように思います。しかし信号待ちで立っているときなどに、ふと前の人のカツラに気がついた、という状況なら別に何とも思わないのですが、自分の周囲の人のカツラが世間に発覚してしまった、という場合にはさすがに動揺してしまいます。中には私に向かって「あの先生の頭、カツラだったんですって」などと言う看護婦さんなどもいたりして、そういうときには相手の意図するところがわからず、おおいに慌てたものでした。中にはある日突然、カツラをつけて私の目の前に登場する人もいました。その1人はかっての脳外科の同僚であったA先生でした。

この先生は最初は脳外科をやっていたのですが、途中でやめて、故郷に帰って整形外科にかわったのです。久しぶりにあったときの第一印象は、「あれっ、この先生はこんなに男前やったかいな」でした。よくよく見るといささか髪の毛が増えていたのです。元々、気にするほど髪の毛が少ないわけでもなかったはずですが、わずかに髪の毛を増やすことによって、以前の貧相な印象がすっかりなくなっていたのです。やがて、この先生はお見合いで美しい奥さんを迎えて、その後は幸せな結婚生活を続けているので、カツラをつけたのは成功だったのかもしれません。もっとも、この結婚式の披露宴のときには、故郷の悪友どもにカツラに関する際どいヤジを飛ばされていたので、おそらくは公然の秘密だったのでしょう。もう1人の突然カツラ組は、同じ職場の外科の先生でした。さて、このたびカツラをつけた外科のM先生は、元々前額部から頭頂部にはほとんど髪の毛がありませんでした。そして、多くの髪の薄い人がしているように、極端に伸ばした髪の毛を横から頭頂部へもってきて頭全体を覆っていたのです。ちょうど、中曽根康弘か竹村健一のよう
な髪形でした。

前項の脱毛のメカニズムをおさらいしましょう。


洗髪時に正確な抜け毛の量をカウントしてみます。

この先生の場合は、それまでの病院勤務を突然やめてビル開業をしたのですが、頭の方も突然カツラになってしまいました。しかし、あまり極端に髪の毛を増やすとバレると思ったのか少しだけ髪の毛を増やしていたのです。髪形の方も急にかえるとバレると思ったのか相変わらず竹村健一風の怪しい髪形でした。一体、世間に対して居直ったのかどうか今ひとつ判然としないので、こっちも「やあ先生、男前になりましたね!」と言うべきなのか、そっとしておくべきなのか、よくわかりませんでした。私の方もカツラをつけていることがさらに事態を複雑にしていました。
ついに結婚する9さて、そうこうしているうちに私にも人生の一大転機がやってきました。一大転機というよりは、世間でいう第2の人生のスタートともいうべき結婚であります。髪の毛を無理に増やしていた効果が出たのか、人並みに恋愛→結婚というコースを歩んだのです。お相手は同じ職場の女性で、大学の4年後輩になる女医さんです。思えば20代前半、「このまま頭が薄くなっていったとしたら人並みに結婚ができるのか」と悩んでいたあの頃から苦節数年、ついに一家の大黒柱になることが決まったのでした。やはり、これから数十年の人生を伴に歩む相手ですから、髪の毛のことに関しては本当のことを言わなくてはなりません。ある日、決心して「実はワシの頭なんやけど……」と話を切り出すと意外というか当然というか相手は知っていました。何でも、「よくできているカツラなので最初はわからなかった」ということでした。しかし、私の知らないところでいささか噂にもなっていたそうです。さきほど、結婚のことを人生の転機だとか第2の人生のスタートだとか言いましたが、本当に私にとっては結婚はカツラ人生の転機になってしまいました。しかし、このときは私の頭がその後どのような運命を辿るのか知るよしもありませんでした。結婚には当然のことながら結婚式と披露宴がついています。私たちの場合は、とある秋の日曜日の昼でありました。ここで新婦の方は朝早くから会場のホテルの美容さて、室で入念な化粧やら髪のセットやらがあるわけですが、私の方はまさかホテルで髪の毛を整えるというわけにはいきません。

薄くなったよなぁ

そこで結婚式の当日朝に中原さんに髪の毛のセットをお願いすることにしました。まさに専属のヘアスタイリストというわけです。式の時刻からすると、朝7時ぐらいから始めて、手早く散髪をしないと間に合わない計算でした。中原さんは快く引き受けてくれて、「それ私に任せて下さい。150点満点の髪の毛にしてあげますよ」でしたら、と受け合ってくれました。そこで私は彼に全面的にお任せすることにしました。ただし問題がひとつありました。散髪の方はその場でやっても時間的に間に合うのですが、カツラの点検とセットはいささか時間がかかります。この点はさすがに中原さんはブロで、すぐに解決法を考えてくれました。つまり、現在使っていない方のカツラを預けておいて前もってセットしてもらい、当日は自毛を素早く散髪したあとに予め準備という作戦です。これなら1時間もあれば十分すぎるぐらいで、式の開始にも余裕をもって間に合うはずでした。してあるカツラをつける、式の当日朝、私はアスペン·ヘアー梅田店に午前7時に到着しました。中原さんはすでに来ていて、準備をしていてくれました。やはり私のような凡人にとっては結婚式というのは一大イベントです。色々な思いが胸を行き来しました。それを察してか、中原さんは自分の結婚式のときの話をしてくれました。「実は僕、自分の結婚式のときに泣いちゃったんですよ」
「ええっ、それはまたどうしてですか?」ついにここまで来たかというのとですね、「こんなに大勢の人が白分のために来てくれたのか」というのとで、感激して自然に涙が出てきたんですよいやあ彼の話はそのときはピンときませんでしたが、後で自分の結婚式の番になると花婿が泣くという心境がよくわかるような気がしました。中原さんの努力の甲斐あって、私の頭のできあがりはなるほどよくできたものでした。わずかばかりのお礼を彼に渡した後、近い距離ではありましたが、せっかくの髪の毛が崩れてしまわないようにタクシーでホテルに向かいました。控室で会った母親には「あんた、その髪の毛、なかなかええやないの。これからずっとそういう風にしたらどう?」といわれてしまいました。式の方は万事滞帯りなくすすみました。最後の最後に私は自分自身でお客さん全員に向かって少し挨按しましたが、やはり大勢の人に自分は支えられているんだなあと実感し、中原さんの言ったついにここまで来たかという言葉を大いに噛みしめていました。


髪に良かれとおもってい

老人性色素斑の原因は日光曝露部に多発する

無事結婚式を終えた私たちは新婚旅行に出発しました。さて旅行中、妻には頭の秘密を知られているとはいえ、具体的にどういう風にカツラを頭にとめているのかというのを実際に見られるのはやはり抵抗があります。そこで私はアスペン·ヘアー特製の両面テーブ普通版および強力版、アロンアルファー、さらには頭皮掻き用の薬匙などをひとまとめにして封筒に入れ、表にさわるべからずと書いておきました。妻は中に何が入っているのかよく知らないながらも表書きの字に恐れをなして、その封筒には近づこうとはしませんでした。旅行中、両面テープをつけかえたり、癖いところを薬匙で掻いたり、カツラの前半分をめくって頭を洗ったりというような恥ずかしいことはすべて妻に隠れてコソコソとやりました。
10 遼巡結婚する前から妻は「カツラなんか取ってしまえばいいのに」とよく言っていましたが、私には想像もできないことでした。「カツラを取るのはつけるのよりも勇気がいる」とアスペン·ヘアー三宮店のオヤジに言われたことはまさに真実だったのです。しかし、妻は「カツラを取るだけじゃなくて、いっそのこと坊主にしてしまえばいいわ」とまで言い出しました。仰天するような発言です。しかし妻は全くの本気でありました。彼女によれば坊主、坊主と簡単に言っても似合う人と似合わない人がいるのだそうです。

プロペシアは男性専用の脱毛治療薬です。


育毛等ヘアケアを行って完に髪が復活しなければ

坊主の似合うのは元々頭の形のいい人で、私の場合はカツッラをしているので確信はできないが、おそらく似合うのではないか、ということでした。そういわれてから私はテレビや週刊話などに登場するいわゆるスキンヘッドの有名人を注意して見るようになりました。そしてもし自分が頭を剃ってしまった場合、どういう風貌になるのか、またどんなことが自分の身にふりかかってくるのかを想像するようになりました。いったいスキンヘッドの有名人にはどのような人がいるのでしょうか。まずアメリカのブロバスケットの黒人選手にはマイケル·ジョーダンのほかにも大勢のスキンヘッドの選手がいます。比較的眉毛が太い私は、彼等の中でも自分が坊主になったときの予想図はチャールズ·バークレーあたりかいな、と思ったりもしました。そもそも黒人は比較的スキンヘッドが似合います。ほかにはキックボクシングのヘビー級世界チャンピオンのモーリス·スミスもスキンヘッドです。この人の場合は、頭を剃っていても前額部から頭頂部がハゲてしまっているのがわかります。しかし、実に堂々としたいい面構えです。日本人ではサンプラザ中野やゲージツ家を名乗る篠原某名前を忘れたが頭を剃っています。この篠原氏には喧嘩をテーマにした本がありますが、その中で「スキンヘッドが喧嘩のキッカケになりうる」というエピソードを書いていました。これはいささか要注意です。何が原因でスキンヘッドが喧嘩のキッカケになるのかは、これから坊主にしようかと考えている人間が是非知っておかなくてはならないことでしょう。普通に考えれば、スキンヘッド野郎はいかにもコワモテ風なので、町の腕自慢に喧嘩を売られる、というストーリーがありそうです。しかし、丸ごと1冊にわたって喧嘩のことを書いているにもかかわらず、そのテのエピソードはありませんでした。実際に書いてあったエピソードというのは、男の面子にかかわるようなものでありました。ある日、篠原氏が飲み屋で飲んでいたところ、若者の一群が通りかかったときにツルッと頭を撫でて行ったそうです。そして事もあろうに「うわあ、ツルツルだ。気持ち悪い」というようなことを言われました。篠原氏はすかさずその若者にパンチをお見舞したそうです。スキンヘッドをツルッと撫でられるということはやはり屈辱以外のなにものでもありません。

  • 脱毛を抑制する働きがあります。
  • 原料として配合されている液状樹脂|整髪成分·オイル成分
  • しかも多発性で隠しようがない状態です。